よみたんの家

宅地造成された、静かな住宅地。
周辺には畑や緑が多く残る。隣近所に親戚も暮らす馴染みのこの地に、
夫婦と子どもたちの住まいを計画した。
コンセプトは「経年的に味の出る、普遍的に質のいい家」。
ご夫婦とも木の持つ温もりや素朴さ、土間や錆びた鉄製の門扉など、
沖縄の古い住まいの雰囲気がお好きで、
計画当初から ”うちなーレトロ” をキーワードに、
新居へのイメージを膨らませて頂いた。

 

敷地のほぼ中心にリビングを配し、それを取り囲むように和室・キッチン・各寝室がある。
それらを結ぶ廊下に回遊性を持たせ、どの場所からも家族の気配が感じられるようにした。
リビングの屋根は木造瓦葺きで、天井を見上げるとひのきの木組みが温かい。
そのリビングに対面したキッチンは土間風に床を下げ、
作業中でもリビングに腰掛ける家族と目線が合う効果を狙った。
また、土間を挟んだ離れの和室は、普段はリビングの延長として空間を伸びやかに使い、
障子を閉じるとプライベートな客間として利用する。

 

かつての沖縄の民家には玄関はなく、客人は庭から軒下へ赴き、家族を訪ねた。
この家でも玄関は土間と一体となり、直に庭へ繋がる。
リビングから広がるデッキを腰かけにし、
親戚・友人たちが気軽に訪れる賑やかな住まいとなった。

 

外観

 

 

 

 

土間空間

 

 

 

 

 

リビング内観

 

 

 

 

 

ロフトへの階段

 

 

 

 

 

廊下・主寝室

 

 

 

 

 

庭・雨端空間・屋上テラス