ちねんの家

 

見渡す限り広がる知念村の海とウージ畑のなかに建つ住宅である。
海風が緑をなびかせる音に、つい時を忘れてしまう。
この悠々たる自然を生活に取り込むこと、
また同敷地にある実家とのつながりを、どうもたせるのかがテーマとなった。

 

外観・アプローチをみる

 

 

 

 

 

 

内部空間をみる

持ち上げられた生活空間は、
開口6.6m奥行き15.2mの口の字のボックスに内包され、
その大開口からは雄大な景色を望むことが出来る。

さらに、内部化されたデッキはレベルの異なるナーと
大きな一室空間のリビングを立体的につなぎ、
涼風を室内に呼び込む。

 

 

 

 

 

1F 和室のデッキをみる

1階は駐車スペースの確保のためピロティとし、
その奥に実家と共用のナーを配置。
またナーに隣接してデッキ、
遠方からの友人のためのゲストルームが提案された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナーを中心に、デッキ、リビングと空間が立体的に連鎖し、
様々なレベルから知念の自然の移ろいを感じられる家となった。
やがて咲くウージの花が楽しみである。