津嘉山ムイの家

全方とも住宅に囲まれた旗竿状の敷地。西側には、緑茂る小高い“津嘉山ムイ”を望む。
この静かな住宅地に、夫婦と子どもたちの住まいを計画した。

敷地のほぼ中心にデッキを設け、それを取り囲むようにLDK、和室を設けた。
デッキからは全室に出入りでき、建具を開け放つと各室が繋がり、回遊性のある空間となる。
西側は花ブロックの壁となっており、外部からの視線や西日を遮りつつ、外気を取り込む。
中央に切った囲炉裏も相まって、外部でありながら室内のような、外のリビングともいえる空間となった。
また、アプローチから門扉、アマハジと続くこの家の「玄関」ともなっており、多様な役割を担う。

2階へと視線が抜けるリビングの吹き抜けには、娘さんによる“紫微鑾駕(しびらんか)”の書が
掲げられた。津嘉山ムイの麓、仲の良いご家族が健やかに楽しく暮らせる住まいとなることを願う。

 

外観を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地のほぼ中央に設けたデッキ。全室に出入りでき、回遊性のある空間となっている。